お墓イメージ

墓の購入で永代使用料を支払いました

数年前に自宅から近いところで墓を購入したいと思い、いろいろと探したなかで、民間の墓地を購入することとなりました。
永代使用料は約250万円ほどとなり、それと別に墓石を購入することとなりました。
このお墓の永代使用料というのは初めて知りましたが、だれにも譲ることのできないものですので、使わなくなってしまうとそれでお終いということになるそうです。
そういった意味では高いのか安いのかはよくわかりませんが、周辺の墓の相場からみても比較的妥当であろうと思い、決定した次第です。
これとは別に年間の使用料が2万円程度ずっとかかっていくことになるわけです。
今回購入したのは民営の霊園になりますが、市営などの霊園を探すと、実はもう少し安いものもあるようです。
ただ霊園の雰囲気などを考えると現代的なものがいいと思い、最終的に民営のものを購入することに決定した次第です。
なかなかこうした買い物はする機会がなかったため、どのように選んでいくか最初はかなり戸惑いもありましたが、似たような霊園を何箇所か見ていくうちに気に入ったところが見つかり、結局それに決定したというわけです。
こうした決定には家族の意見も結構いろいろとでてきて、まとめるのが大変でしたが、最終的には現地に赴くことで皆が納得することとなりました。
やはりこうした案件は自分が決めるよりも、その後をまもってくれる世代がどう思っているかが大変重要ですので、どうした意見にも耳を傾けて最終的な決断を行っていきました。
結果として皆が納得する物件を見つけることができてほっと一安心でした。
ところで、我が家ではこの霊園の購入をめぐって当時かなり話題になったことですが、永代使用として実際問題、核家族化も進んでいますし、こうした墓地というのはいったいどれぐらいまで守っていけることになるのかということがとても気になります。
永代使用料といいますが、果たしていつまで子孫が墓を守ってつないでいけるのかということは、これからの家庭にとってはどこも大きな問題になってくるのではないかという気がします。
実際今回も地方の霊園では面倒がみられないということから移動させてくることにしたわけですが、それでも何代先まで守っていくことができるのか、なかなか悩ましい問題でもあります。
昔のように大家族であれば、だれかが引きついていくことになるので、そんな心配をする必要はなかったのかもしれませんが、契約書に書かれていた永代という字を見て、そんな話が家族内で巻き起こった次第です。
霊園のほうは公益法人となっているので、よほど利用者が激減しないかぎりは、当分同じ法人形態を継続して回していくことができるのだと思いますが、なかなか100年先といえども将来のことはわからなくなってきていますので、こうした権利がいつまで行使できることになるのかが、非常に興味のあるところです。
残念ながら自分では見届けることができませんが、将来にうまくつないでいくことができるようにと願うばかりです。
今回石も含めると総額では結構な金額になりましたが、こうした投資が活かせていけるようにすることが重要であると家族のなかでも話をすることになりました。

Copyright(C) 2008 おはか.com All Rights Reserved.