お墓イメージ

地方から墓の移動をしてみました

自宅の近隣の霊園にスペースを購入したため、地方にあった墓を移動させてみました。
まず移転先への支払いとして埋葬証明発行手数料があります。
これは一通1000円で骨壷がはいっていた6体分を支払うことになりました。
石は移転にともなって完全に元に戻すのが通例ですが、今回は上半分の墓石部分だけを撤去することとなりました。
ベースになるところはきっとまた利用することになるのかもしれませんが、いずれにしても完全撤去ではなくて済みましたのでコストが削減されました。
撤去する石は新しく購入する石材店に相談したところ安く処分できるということでお願いすることになりました。
さすがに墓石にリセールバリューがあったり、再利用の使途があるのかどうかはわかりませんが、墓石店のネットワークで簡単に撤去してもらうこととなりました。
また、遺骨の取り出し費用というのがかかり、一体4万円でしたので都合24万円の支払いとなりました。
有難いことに寺の檀家でしたが、離檀料やお魂抜きなどはやらずに済みましたので、墓石の撤去だけの費用と遺骨の取り出し費用だけで澄むことになりました。
どうもほかの事例などを聞いて見ますとお布施で100万ぐらいとられるところもあるようでしたので、良心的でした。
田舎のお寺ということもあったので比較的ゆるい対応をしてもらったのだと思います。
これで移転先へとすべてを移動させることになりました。
埋葬費用は一体3万円となっていますので計18万円ということで公共の霊園であったため役所への許可証数千円がかかる以外はほかにはコストはありませんでした。
お墓の移動というのは、結構うるさいお寺などでは全体として200万とか300万といったコストが発生することもあるようなので、正直かなり恐る恐る対応していたのですが、お寺の住職自体がかなり老齢化してしまって、あまり細かいことに気をつかわれなくなっていたのが幸いしたように思います。
今回墓を移動したのも地方ではもはや面倒がみられなくなったからというのが大きな理由ですが、今後人口減少や老齢化、核家族化などが進むと、こうした移動の問題というのは日常的に起きてくるのではないかと思います。
なかなかこうした行為は明解で標準化されたものではないので、難しい側面のほうが多いですが、新しく購入したほうの霊園はすべてのコストが明確になっており、何をすればいくらということがあらかじめわかりますので、この領域に明るくない者にとってはとても対応がし易いと改めて感心した次第です。
やはり費用が決められているというのは、いろいろな意味で楽だと思いますし、相談もし易いのが助かりました。
現代的な対応を期待するのであれば、こうした霊園を選択するべきであるということがとてもよくわかりました。
石の撤去などについても餅は餅屋ということで石材店にざっくばらんに相談してみて、とてもよかったと思います。
この領域の話は慣れないことばかりですが、とにかく恥を忍んでいろいろと聴いてみることが結局プラスに働くものだということのようです。
昔なら年寄りにこうしたことに長けている人がいたのでしょうが、今ではとにかく自分でやっていかなくてはならないのです。

Copyright(C) 2008 おはか.com All Rights Reserved.